Raspberry Pi で、RubyとPaSoRiを使えるようにする

・libusb
・ruby
・libpafe
・libpafe-ruby
の順番で入れていきます。

libusbのインストール

tar xfj libusb-1.0.9.tar.bz2
cd libusb-1.0.9
./configure
make
sudo make install

rubyのインストール

sudo apt-get install ruby1.8-full rubygems

libpafeのインストール

tar xzvf libpafe-0.0.8.tar.gz
cd libpafe-0.0.8
./configure
make
sudo make install

libpafe-rubyのインストール

tar xzvf libpafe-ruby-0.0.8.tar.gz
cd libpafe-ruby-0.0.8
ruby extconf.rb
make
sudo make install

これで、rubyで require ‘pasori’ が使えるようになりました。
libpafe-rubyの詳しい使いかたは、READMEを読んでください。

書いてはいないですが、
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
しました。それと
glib gtk2
を入れておきました。

Atsumi3

したいことをします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください