openFrameworksの環境構築 (Visual Studio 2010)

openFrameworksの環境構築で詰まってしまったので書く。


追記(2015/11/20): ※絶対パスで記述してます.. そりゃ動くだろと

openFrameworksのプロジェクトファイルを新しく作る時、コピーしてちょこっと書き替えれば動くという記事を見ました。

Sakef さんの記事 【openFrameworksの環境構築 (Windows・VS2010)

 

ダウンロード

● 公式サイトのdownloadのページの 「windows –  visual studio 2010 」 からダウンロードします。

① 解凍

まずは、ダウンロードした of_v0071_vs2010_release.zip をわかりやすい所に解凍する。

ついでにわかりやすい名前に変えとくと良いですね (私は Cドライヴ直下にoF という名前で置いた

② emptyExample を使うよ!

[oF本体までの絶対パス\apps\examples] の中の emptyExample というディレクトリをコピーして使っていく。

[oF本体までの絶対パス\libs\openFrameworksCompiled\project\vs2010]にある、openframeworksLib.vcxproj を emptyExampleフォルダにコピーする。

 

③ 書き替える (私は EmEditor で書き替えた)

まず、 emptyExample.sln を書き替える。

● 5行目の「”..\..\..\libs\openFrameworksCompiled\project\vs2010\openframeworksLib.vcxproj”」を「”openframeworksLib.vcxproj”」にする。

次に、 openframeworksLib.vcxproj を書き替える。

● すべての「..\..\..\..\」を「oF本体までの絶対パス\」に。

● すべての「..\..\..\」を「oF本体までの絶対パス\libs\」に。

● すべての「..\..\」を「oF本体までの絶対パス\libs\openFrameworksCompiled\」に。

次に、 emptyExample.vcxproj を書き替える。

● すべての「..\..\..\」を「oF本体までの絶対パス\」に。

 

ここから、新しい内容です。

④ さらに書き替える。

 

まずは、[oF本体までの絶対パス\libs\openFrameworksCompiled\project\vs2010] にある openFrameworksDebug.props を書き替える。

● すべての「..\..\..\」を「oF本体までの絶対パス\」に。

● 22行目の「xcopy /e /i /y “$(ProjectDir)..\..\..\export\vs2010\*.dll” “$(ProjectDir)bin”」を「xcopy /e /i /y “oF本体までの絶対パス\export\vs2010\*.dll” “$(ProjectDir)bin”」に。

 

次に、[oF本体までの絶対パス\libs\openFrameworksCompiled\project\vs2010] にある openFrameworksRelease.props を書き替える。

● すべての「..\..\..\」を「oF本体までの絶対パス\」に。

● 22行目の「xcopy /e /i /y “$(ProjectDir)..\..\..\export\vs2010\*.dll” “$(ProjectDir)bin”」を「xcopy /e /i /y “oF本体までの絶対パス\export\vs2010\*.dll” “$(ProjectDir)bin”」に。

 

これで動くはずです。

このセットアップまとめは、Sakef さんの記事の力で出来ました。感謝いたします。

参考記事 –  openFrameworksの環境構築 (Windows・VS2010)

 

Atsumi3

したいことをします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください